<えになるかとり かとりっぷ> ◆第百六回 雨の似合う町

  2022/6/2
シェア ツイート 送る

 

6月になると、いつ頃梅雨入りするのかなと気持ちを巡らせます。
梅雨は大事なことだとはわかりつつも、やっぱり晴れた日の方が気分が上がりますよね。

ちょっと憂鬱になりがちな雨の日。
そんな雨も、意外に良かったと思わせてくれるのが、佐原の町並みです。

川沿いの花菖蒲や紫陽花、枝垂れ柳は、ピーカン(←古いっ)よりもしっとりと雨粒に濡れたくらいが趣きがあります。
道路や町並みもしとしと降る雨が似合うんで

す。
なぜだかわからないのですが、そうなんです。
だからぜひ、雨だからとお出かけに二の足を踏まずに、ちょっと佐原まで行ってみようかと思ってみてください。

今週末6月4日から19日の間の土日は、小野川沿い(共栄橋〜じゃーじゃー橋先まで)が歩行者天国になります。
花菖蒲もだんだんと見頃を迎えてきますよ。

そうそう、毎年話題になる「あやめと花菖蒲の見分け方」。
いつまでたっても明確に覚えきれません…
本当に、簡単な、サラッとした覚え方として、あやめは、花びらの根本に網目(文目)模様があるから、あやめと呼ばれるようになったということです。
網目がなかったら、ほぼ花菖蒲ということですが、花菖蒲の場合は花びらの根本に細長い黄色の模様があり、杜若の場合は花びらの根本が白だそうです。

んーやっぱり難しい…
これは、本物をよーく見比べてみるしかありませんね。

 

#かとりっぷ
#香取町旅
#NIPPONIASAWARA
#歩行者天国
#雨の似合う花
#花菖蒲
#あやめまつり
#かとりっぷ
#香取市
#旅行
#旅コラム
#佐原好きな人と繋がりたい

えになるかとり かとりっぷ
第百六回  雨の似合う町
文・写真 きのしたまみ
毎週木曜日更新

NIPPONIA SAWARA
NIPPONIA SAWARA
千葉の小江戸。香取市でも江戸情緒が薫る佐原エリア中心に情報を発信していきます。 県内観光地の中でも「女性が一人で行きたい」「女同士で行き...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る