<えになるかとり かとりっぷ> ◆第百二十三回 来る福

  2022/9/29
シェア ツイート 送る

 

今日は「招き猫の日」だそうです。

1995年に、全国的な招き猫の愛好家組織『日本招猫倶楽部』が制定したもので、“いつも手をあげて人間に福を招いてくれる招き猫に感謝したい”という趣旨のもと、来る(9)、福(29)の語呂合わせからこの日が選ばれたとか。
毎日いろんな日があるものです。
そして、いろんな組織・協会がありますね。

香取市で招き猫といえば、三浦屋 三代目 故鎌田芳朗先生の「佐原張子」ですね。
1987年に千葉県の伝統的工芸品に指定され、1999年には鎌田先生の作品「餅つきうさぎ」が年賀切手の図案に採用されたことから、その名を全国区にします。

近年では「佐原のピカソ」と称され、その独特で愛らしい作風に今でもたくさんのファンがいます。
先生が亡くなられたあとも、佐原張子を求めて佐原を訪れる人が後を絶ちません。
しかし、残念ながら、現在市内でもその張子を入手することは困難であります。
でも、店先で私物を飾っているところもあったりしますので、ご覧になることは可能ですよ。

それにしても、招き猫愛好家の方ってたくさんいますね。
招き猫を見かけて、写真を撮っている方を多く見かけます。
散策しながら猫探し、楽しいかもしれません。

#かとりっぷ
#香取町旅
#NipponiaSawara
#招き猫
#招き猫の日
#鎌田芳朗
#佐原張子
#香取市
#小江戸
#佐原
#小見川
#山田
#栗源

えになるかとり かとりっぷ
第百二十三回 来る福
文・写真 きのしたまみ
毎週木曜日更新

NIPPONIA SAWARA
NIPPONIA SAWARA
千葉の小江戸。香取市でも江戸情緒が薫る佐原エリア中心に情報を発信していきます。 県内観光地の中でも「女性が一人で行きたい」「女同士で行き...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る