田喜野井にケーキ店「SWEET’S SHOP FIL.S」、国産の素材と鮮度にこだわって

  2022/9/22
シェア ツイート 送る

9/21(水)田喜野井にケーキ店「SWEET’S SHOP FIL.S」

国産の素材と鮮度にこだわって

 田喜野井にケーキ店「SWEET’S SHOP FIL.S(スイーツショップ フィルズ)」(船橋市田喜野井6-30-15、TEL047-401-5553)が9月3日、オープンした。

 オーナーシェフは富山颯馬さん(29)。富山さんは現在、3歳と1歳の2児の父で、北海道利尻島出身。東京の菓子専門学校に通った後、千葉と札幌のケーキ屋で修行を積みながら、農作物が豊かで東京へのアクセスも便利な船橋市を選び、オープンに至った。

 店舗面積は16坪。店内は白と茶色を基調とした落ち着いた雰囲気。大きな窓ガラスからは調理場が見える。
 「こだわりは、国産の素材を使用していること。旬の果物などを使用し、卵も加糖卵黄(砂糖を加えて冷凍された卵黄)ではなく、千葉県旭市にある『大松農場』の卵を使用しています。また、焼き菓子にはてんさい糖を、生菓子には和三盆を使用。鮮度にこだわり、体に優しい作りたてのものを提供します」と話す富山さん。

 おすすめは「FIL.S Chocolat」(480円)。小麦粉を使用せず、なめらかさにこだわり、高級コニャック「ポールジロー」を使用したケーキは、「芳醇で濃厚な生チョコのようなケーキ」と富山さんは表現する。

 「FIL.S Fromage」(430円)は、北海道産のクリームチーズを使用したテリーヌタイプのチーズケーキ。コーヒー豆で風味を付け、なめらかでまろやかな味わいとなっている。

 店名の「FIL.S(フィルズ)」のフィルはフランス語で「糸」を意味するという。「生産者とお客様を繋ぐこと、またお客様がギフトとして誰かに渡すことで絆を繋ぐ」など、繋ぐことを大切にしたい想いが込められる。

 オープン日には、子連れや、近隣の住民など170人が訪れ、すでにリピーターもいるという。来店客からは「甘さが優しく、くどくない」「おいしかった」などの声も聞かれるという富山さん。

 「焼き菓子もご用意しています。脱酸素剤を入れずに、日持ちは長くないけど、風味を大切に作っています」と富山さんは話す。

 「今後は農家さんとも積極的に繋がっていきたい。また、子どものケーキ教室などもやってみたいし、手土産用に冷凍発送も行いたい。やりたいことがたくさんです。まずは気軽にお店に来ていただけたらうれしいです」と笑顔で話す富山さん。

 営業時間は10時〜18時。日曜、月曜定休日。ホールケーキは要予約。

  • 外観

  • 店内の様子

  • 焼き菓子

MyFunaねっと
MyFunaねっと
千葉県船橋市に特化した情報を発信するタウン誌「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」編集部が運営するローカルニュース「MyFunaねっと」の情報を掲...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る