京成津田沼駅近くに手づくり絵本館「にゃ~トピア」、自分だけのオリジナル本づくり

  2022/9/21
シェア ツイート 送る

9/21(水)京成津田沼駅近くに手づくり絵本館「にゃ~トピア」、

自分だけのオリジナル本づくり

 京成津田沼駅から徒歩7分、国道14号の京成津田沼駅前信号の近くにある手づくり絵本館「にゃ~トピア」(習志野市津田沼7-6-8、TEL 047-452-3575)が2005年のオープン以来、地元だけでなく全国各地から来店してくるほど注目を集めている。

 同店は、代表アートディレクターの塩谷博晴さんと館長の長岡陽子さんが、日本初の手づくり絵本館として2005年にオープン。その話題性から多くのメディアでも紹介され、「自分だけのオリジナル絵本を作りたい」と全国各地から来店してくるという。

 塩谷さんは長年デザイナーとして、長岡さんはコピーライターとして活躍してきた。「絵本の魅力を後世に残すために何かできないか?」と2人の意見が一致し、同店を運営することになったという。

 本の制作は、同店オリジナルの「おもしろブック」(1,078円~)という材料キットを使用し、簡単に本を作ることができるという。「体験ではまず表紙を作ってもらいます。そこでイメージが決まったらあとはお家でゆっくり中身を作ってください。表紙だけなら1時間程度でできますよ」と塩谷さん。キットは現在7種類あり、子ども向けの絵本、成長記録やシニアの自分史など用途によって選ぶことができる。

 紙芝居絵本にも力を入れており、店内にもオリジナリティあふれる作品が多数用意されている。

 最近では保育や教育関係だけでなく医療関係からの依頼もあり、用途の幅が広がっているという。「多くの人に本づくりを楽しんでもらいたい。そして、その楽しさをみんなにも広めてもらいたい」と2人は笑顔で呼び掛けた。

営業時間は10時~18時。年中無休。体験・見学は要予約。

  • かわいらしい雰囲気の外観 

  • 材料キット「おもしろブック」

  • オリジナル作品

  • 店内の様子

MyFunaねっと
MyFunaねっと
千葉県船橋市に特化した情報を発信するタウン誌「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」編集部が運営するローカルニュース「MyFunaねっと」の情報を掲...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る