船橋市出身の「小さなモデル」後藤仁美さんが市長を訪問、パラリンピック閉会式出場を報告

  2021/10/7
シェア ポスト 送る

10/7(木)船橋市出身の「小さなモデル」後藤仁美さんが市長を訪問

パラリンピック閉会式出場を報告

 船橋市出身の後藤仁美さんが10月7日、東京 2020 パラリンピック閉会式に出場したことを報告するため、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪れた。

 国立競技場で9月5日に行われた「東京 2020 パラリンピック」閉会式のオープニングのパートに、後藤さんはピンクの髪と色鮮やかな衣装で出演し、高所にあるリフターステージで立った状態でドラムパフォーマンスを披露した。

 後藤さんは健伸行田幼稚園、行田西小学校、行田中学校出身。身長や手足が伸びない先天性の難病「軟骨無形成症」で、身長115センチの「小さなモデル」として活動するほか、俳優やイラストレーターなど幅広い分野で活躍している。

 後藤さんの母親がピアノ教室を開いていることから、音楽にはなじみがあり、母親のすすめで10歳の時にドラムを始めたという。高校時代にはバンドでドラムを担当し、「小さいのでドラムに埋もれる感じになりますが、それが面白いなと思って。一番できなさそうな楽器なので驚かれることも多いですが、驚かれるのも好き」と話す。

 「制服を着ている時はじろじろ見られて嫌な気持ちになったこともありましたが、大人になってからはどうせ目立つならもっと目立ってもいいのではと思うようになり、自分の好きなファッションを楽しんでいます」と後藤さん。

 軟骨無形成症については、本人ではなく親が書いたブログが多かったことから、低身長やありのままの自分のことを広く知ってほしいという思いで、10年前からブログを発信しているという。「閉会式では健常者も障がい者も一緒になってパフォーマンスをしていたので、障がいがあるかないかは分からない状態でした。それが世界の本来のあり方だと思いました。今回の閉会式に出たことだけで終わらせるのではなく、情報を発信しながら、当たり前の存在としてテレビや映画にも出られるようになりたいです」と今後の目標を話した。

 松戸徹市長は「パラリンピックでは、競技も素晴らしかったし、開会式も閉会式もみんなが共感して、海外でも高い評価を得たと聞いています。後藤さんのパワフルなドラム演奏の姿も印象的でした。船橋は音楽の町でもあるので、また船橋でも演奏を聴きたいです。これからの活躍を期待しています」と話した。

 後藤さんは、東京2020大会の文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」主催プログラムの一つ、「共生社会の実現に向けて」をテーマとした映像作品「MAZEKOZEアイランドツアー」に出演、現在配信中(終了時期は未定)。

  • 市長と歓談中の後藤さん

  • イラストの作品展をしたことも

  • 洋服は後藤さんの夫がリフォームしてくれるという

MyFunaねっと
MyFunaねっと
千葉県船橋市に特化した情報を発信するタウン誌「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」編集部が運営するローカルニュース「MyFunaねっと」の情報を掲...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ポスト 送る